在宅勤務におすすめの「在宅テレアポ」のメリット・デメリット

 

テレフォンアポインターとは「電話営業」の事です。
在宅ワークのなかで注目されてきているのがテレアポです。

テレアポの在宅とは

IT技術の発達と同時に、在宅ワークを導入する企業が増えてきました。
仕事と子育てや介護との両立をする為に、在宅ワークを選ぶ人も多くなりました。
会社にとっても、優秀な人材を確保できるので、在宅ワークは、どちらにもメリットがある働き方です。

最近、在宅のコールセンターがクローズアップされることが増えてきました。
通常、コールセンターとは、オフィス街のビルなどに設けられたセンターに通勤して、
決められた時間をオペレータとして業務するのが一般的です。

テレアポの在宅とは、遠隔地に住んでいる人を対象として、
自宅でパソコン1台でオペレータ業務をする働き方で「在宅コールセンター」と呼ばれて、
実際働く人を在宅オペレータと呼ばれています。
自宅でコールセンターの業務を行うお仕事です。

電話とインターネット回線があれば簡単に始めることができます。
人と話すことが得意な方や、テレアポ業務の経験者にはおすすめの働き方です。

テレアポの在宅は、化粧品や健康食品などの通信販売の受付や、携帯電話やインターネット回線などのサポート業務が多いようです。
報酬形態は多くが時間給のようですが、報酬性の場合もあるようです。

テレアポ・在宅のメリットとデメリットとは

 

テレアポの在宅のメリットは?

オフィスで行うコールセンターの業務を自宅で行うのが在宅テレアポです。

①通勤時間がない

テレアポの在宅ワークの最大のメリットは、会社に出勤する事がないので時間の都合がつけやすいということです。
自分で働く時間を自由に決められ時間を有効に使う事が出来ます。

予定のある時間の前後に働いたり、その日の体調に合わせて働く時間を短縮したり、
仕事時間の配分を自分で決めることができるので、時間の融通を利かせた働き方ができます。
休憩時間に洗濯をしたり、家事を片付ける事ができます。
家にいるものを食べれるので、ランチ代も節約できます。
在宅のテレアポは効率的に仕事ができます。

②煩わしい人間関係がない

在宅ワークの場合人と会う事がないので、人間関係の煩わしさに悩まされるという事がありません。
職場の人間関係の悪化は転職の理由によくなるほど大変な問題です。
人との関わりを少しでも少なくして、ストレスを減らす事ができます。

在宅コールセンターのオペレータとして働くデメリットも

 

①自己管理が大切

テレアポを在宅でする場合働く時間や場所が自由になる代わり、しっかりと自己管理しなければなりません。
自分のペースで仕事ができるのは非常に魅力的ではありますが、
その分、勤怠管理も自分で行わなくてはなりません。

在宅ワークはスケジュール管理能力が問われる面が多い働き方ではありますが、
この環境に飛び込むことで磨かれる能力でもあります。
実際にスケジュール管理が苦手だった方も働くうちに感覚をつかみ、
無理のない働き方や有効な時間の使い方ができるようになった方もたくさんいます。

コールセンターの場合はフォローしてくれる人がいるので疑問点がでできた場合すぐに解決する事ができます。

②サポート体制がしっかりしているところを選ぶ

マニュアルが用意されていても、マニュアル通りにはいかない対応も沢山でてきます。
サポート体制がしっかりしていないと、質問したいときに質問ができないので、お客様に対して悪い印象を与えてしまいます。

遠隔であっても、業務への不安や疑問を丁寧に解決できるサポート体制が整っているところを選ぶのもポイントになります。
不安をなくすには質問しやすさが1番です。

③仕事仲間がいない

オペレーターがたくさんいる中での勤務は、自然と別のオペレーターの対応を真似する事ができて、
スキルを伸ばすことができたり、仲間意識を高める事ができますが、在宅の場合クレーム対応も1人で行わなければなりません。
モチベーションを下げないように対応していかなければなりません。
テレアポの在宅で気を付けなければならない事は音です。
コールセンターではありえない音が発生してしまう事があります。

テレアポの求人は、常に出されていることからも、定着しづらいのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。
在宅ワークは現代に合った働き方だと思います。
自己管理をしっかりしなければなりませんが、慣れればストレスもなく時間の融通がきく仕事です。

  1. テレアポインターさんを在宅ワークで採用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP