お客様の声

株式会社オールダッシュ

アポ放題を導入してから架電効率が上がりました!

株式会社オールダッシュ

代表取締役 防災士 中原様

起業する前は自衛隊の幹部をしており、その経験を活かし、現在は株式会社オールダッシュ代表取締役兼防災士として、地震の危険性と防災の大切さを人々に広めている。
平成29年4月『アポ放題』導入 平成29年4月『集客王』導入
※集客王はテレアポの効率を上げるため導入。

【どんな事業ですか?】

”アポ放題は防災家具のテレアポに使っています。”

モズ:アポ放題はどんな事業で使っていただているんですか?

中原さん:防災家具を電話営業で販売しています。

モズ:防災家具とはどんな商材なんですか?

中原さん:地震対策の商品を売っていましてメインが防災家具という、家具型のシェルターを取り扱っています。

モズ:家具の形になっているけどシェルターになるという、ベッドがシェルターになるようなものですか?

中原さん:そうです。
形が変わるとかじゃなくて強度的に普通の家具の7千倍くらい強度があって、商品によっては60トンとか最高363トンくらいまで耐えられるんです。
地震が起きた時に家具の下に潜り込みさえすれば最悪家そのものが完全に壊れたとしても、脱出できるという商材です。
私の住んでいる山口県は滅多に地震が起きないので、住んでいる方も地震に対する警戒心や関心がすごく低いんですよね。
ですが、山口県にも大きな地震が来る可能性は十分あります。
防災対策をしている方もたくさんいますが、ほとんどの方が地震が起きた後に快適に過ごすための備えだけをしている方ばかりです。
でも本当に対策しないといけないのは地震が起きた時なんですよね。
そういった地震の危険性や防災についてお伝えする『防災新聞』というニュースレターをお送りしてからテレアポをしています。

モズ:何名くらいでやっていらっしゃるんですか?

中原さん:全部で9名です。社員と2人とアルバイトが7名です。テレアポも、営業も、私自身がやっています。

【アポ放題導入の決め手】

”決め手は電話のかけ放題と顧客管理が簡単だから!効率が上がりました!”

モズ:アポ放題導入の決め手を教えてください!

中原さん:決め手は2つあります。1つは電話のかけ放題、もう1つは顧客管理が簡単に出来るところですね。

モズ:それまではシステムを導入していたんですか?

中原さん:システムは使っていなくて、固定電話で普通にテレアポしていました。
番号も手打ちだったので、頻繁にかけ間違いをしたり、紙のリストを見て電話していたので、1桁ズレて違う人にかけてしまったりしてたんですよね(笑)。
AさんにかけたはずがBさんにかけてたとかね(苦笑)。
だからいつも電話かけるたびに間違えていないかって、ハラハラしていました。
そして顧客管理はエクセルで、電話をしながら打ち込んでいたので、そこでも間違いがあったりして・・・。
だから、アポ放題にしてからは電話発信の間違いもなくなり、ワンクリックでデータの管理もできるので、ロスタイムが減り、とても効率が上がりました!
何より電話をかける前の「間違えたらいかん・・・(汗)」という不安がなくなったので、自信をもってアポが出来るようになりました!
もう手打ちの操作に戻りたくないですね(笑)。

モズ:以前のコストはどれくらいかかっていたんですか?

中原さん:月によってまばらでしたけど、高いときは月50,000円くらいかかっていましたね(汗)。
アポ放題になってからかなりコストが下がったので助かってます。

モズ:そんなにコストが下がったんですか?

中原さん:今は月15,000円くらいになりました!
ひどい時と比べると30,000円以上安くなってますからね(笑)。

モズ:電話するリストは集客王のリストだけですか?

中原さん:そうですね。
うちはテレアポする人数が少なくて手当たり次第にテレアポするのは効率がすごく悪いので、今は集客王で集まった、話を聞いてくれやすい方のみにテレアポしています。
初めての方に「地震について」とお話を始めると、詐欺だと勘違いなされて電話を切られてしまうことがよくあるんです。
ですので誤解のないように、きちんとお話を聞いてくださる方にニュースレターをお送りしてから、テレアポで商材を紹介しています。

モズ:聞く体制になってもらわないといけないってことですよね?

中原さん:そうです。
私の取り扱っている商材は、地震に縁のない山口県の土地柄のせいか、周りにライバルがいないんですね。
ライバルがいない分、住民の方々も「防災家具」を知らない方が多いんです。
ですので、いきなりテレアポをすると怪しまれるんですよね。
その警戒心を解くために「集客王」で出た話を聞いてくれやすい方に、ニュースレターを送ってから、テレアポをしています。
まずは、「お客様に話を聞く体制になってもらう」ことがすごく重要ですね。
ウサギと亀の、亀のようにコツコツと1歩1歩進むことが大切なんです。
アポ放題にしてからは架電効率も上がって、その1歩が大きい歩幅になったと実感しています!

【アポ放題の魅力】

”お客様とのパーソナルデータをワンクリックで簡単に管理できる!”

モズ:アポ放題のお気に入りの機能はありますか?

中原さん:ステータスとタグですね!
お客様との進捗状況やお客様のパーソナルデータをワンクリックで簡単に管理できるのは嬉しいです!
それと録音音声が聞けるのもいいですよね。
テレアポをずっとしているとなんとなく自分がいい感じのトークが出来ていると思うんですけど、そこで録音音声を聞き直すと全然いい感じに話せていないことに気付かされるんですよ(笑)。

モズ:そういった使い方もできるのですね!中原さんは初めて弊社にお越しいただきましたが、弊社の印象を教えていただけますか?

中原さん:皆さん一人ひとりが個性というかオンリーワンな何かを持っているんだなって感じました。一番すごいなと思ったのは代表の松本社長ですね!モズさんは集客王だったり、アポ放題だったり、難しいシステムを開発・運営されているじゃないですか。松本社長自身はそれらのスペシャリストではないのに、開発するためにそれらのスペシャリストに対しても、遠慮せずリーダーシップを取って、きちんと目的にたどり着いている。

㈱オールダッシュ 中原さん
これこそがリーダーシップってものだと感動しました!

モズ 岸野
本人が聞いたらとても喜びますよ(笑)
中原さん、どうもありがとうございました!

インタビューへのご協力ありがとうございました

中原様、お忙しい中インタビューへのご協力ありがとうございました!
山口県から遥々お越しいただきました!
明るくてとても気さくな方でした!
アポ放題を気に入って頂いていて、とてもうれしいです!

インタビュアー岸野でした!

  1. お客様の声

    アンケートにご協力頂きました。

  2. 中田 様 

  3. 株式会社オールダッシュ

  4. 株式会社千幸

  5. 有限会社ライフソリューション

  6. エスティーシー 株式会社

  7. 株式会社 ロティス

PAGE TOP